プレループ (Pre Rup)はカンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、ヒンドゥー教寺院である。プレは変化、ループは体を意味し、かつて境内で行われたと伝わる火葬を名の由来とする。東バライに浮かぶ東メボンの真南にそびえる。寺院はラテライトと煉瓦で主に築かれている。環濠は無く、東バライをそれに見立てたという説がある。外周壁はラテライトで築かれ、東西南北に塔門を備える。内周壁もラテライトで、四方に煉瓦で築かれた塔門を備え、それを抜けると、死者を荼毘に付したという石槽が見られる。

バンテアイ・スレイ (Banteay Srei)はカンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、ヒンドゥー教の寺院遺跡。北緯13度59分、東経103度58分で、アンコール・ワットの北東部に位置する。バンテアイは砦、スレイは女で、「女の砦」を意味する。部分が赤い砂岩により建造されている。規模こそ小さいが、精巧で深くほられた美しい彫刻が全面に施されている。こうしたことから観光客には大変な人気があり、「アンコール美術の至宝」などと賞賛されている。中でもデヴァターの彫像は「東洋のモナリザ」とも呼ばれている。

東メボンはカンボジアのアンコール遺跡群にある10世紀のヒンドゥー教寺院である。王ラージェンドラヴァルマン2世(英語版)の統治時代(在位944-968年)に築かれ、現在は干上がった東バライ貯水池の中心にある人工の島であった場所に建っている。東メボンはヒンドゥー教のシヴァ神と、王の両親に敬意を表して捧げられた。その場所は、クメール建築の配置と基本的な方角に対する関係を反映する。寺院は南北を軸として、ラージェンドラヴァルマンの主寺院であるプレ・ループが、ちょうど東バライの外側より南、約1,200メートルの位置に建設された。さらに、東メボンの東西の軸上にラージェンドラヴァルマンの治世時代にもう一つ造られたピミアナカスという宮殿寺院が、ちょうど西に約6,800メートルの位置にある。

タ.ソム寺院は、 もともと僧院だった。伽藍の周囲には層達の住まいの痕跡が見られる。破壊が進んでおり、微笑みをたたえていたバイヨン様式の東塔門の女神像の顔を植物の蔓 が幾重にも締め付けていて、あたかも苦痛の悲鳴を上げているようにも見える。石組みが徐ヶずれて、均整の崩れしまった姿もまた魅力的であるが、このまま放 置すればその微笑や悲痛な叫びを上げた姿さえ、この世から消滅してしますことになる。

プリヤ・カーン (Preah Khan)は、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、仏教とヒンドゥー教の習合寺院である。名は「聖なる剣」を意味し、かつて境内で発見された剣に由来する。アンコール・トムの北東に位置する。この地はかつてヤショーヴァルマン2世の王宮が建てられており、寺院を建立したジャヤーヴァルマン7世は、王宮を支配していたチャンパ王国のジャヤ・インドラヴァルマン4世をここで戦って討ち、その跡に自らの父を模して彫らせた観世音菩薩像を1191年に安置した。かつて寺院には千人以上の僧侶が住み、それを支える荘園が与えられ、そこには97,840人が暮らしていたという。ヒンドゥー教の神々や土地の聖霊らも境内に祀られていたが、後にヒンドゥー教を信じるジャヤーヴァルマン8世により仏像は破壊された。

セル1 セル2