020 アンコール遺跡大回りコースとクバール・スピアン

プレループ (Pre Rup)カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、ヒンドゥー教寺院である。プレは変化、ループは体を意味し、かつて境内で行われたと伝わる火葬を名の由来とする。東バライに浮かぶ東メボンの真南にそびえる。寺院はラテライト煉瓦で主に築かれている。環濠は無く、東バライをそれに見立てたという説がある。外周壁はラテライトで築かれ、東西南北に塔門を備える。内周壁もラテライトで、四方に煉瓦で築かれた塔門を備え、それを抜けると、死者を荼毘に付したという石槽が見られる。

 

 

ジャングルの中に眠る、水中遺跡「クバルスピアン」。クバルスピアンに行くには、アンコール遺跡群北部の山にある登山道を歩きます。豊かな森林を数十分歩ほど歩きますので、登山が好きという方にはおすすめの遺跡です。そして、クバルスピアンが水中遺跡と呼ばれるのは、ヒンドゥー教の神々や豊穣の象徴であるリンガとヨニの彫刻が、川底にたくさん彫られていることから。これらの彫像の上を水が通り、神の力を与えられたご利益ある水となってアンコール地方へと流れるのです。遺跡の下流にある滝では、水浴びをする地元の方々やツアー客も見られます。緑や水などマイナスイオン溢れるクバルスピアン、カンボジア旅行での避暑地としても注目の遺跡です

東メボンは(英語: East Mebonクメール語:ប្រាសាទមេបុណ្យខាងកើតは、カンボジアアンコール遺跡群にある10世紀のヒンドゥー教寺院である。王ラージェンドラヴァルマン2英語版の統治時代(在位944-968年)に築かれ[1]、現在は干上がった東バライ貯水池の中心にある人工の島であった場所に建っている東メボンはヒンドゥー教シヴァ神と、王の両親に敬意を表して捧げられた。その場所は、クメール建築の配置と基本的な方角に対する関係を反映する。寺院は南北を軸として、ラージェンドラヴァルマンの主寺院であるプレ・ループが、ちょうど東バライの外側より南、約1,200メートルの位置に建設された。さらに、東メボンの東西の軸上にラージェンドラヴァルマンの治世時代にもう一つ造られたピミアナカスという宮殿寺院が、ちょうど西に約6,800メートルの位置にある

 

 

タ.ソム寺院 ( TA SOM TEMPLE ): ニャックポアンの東側にあるタ.ソム寺院は、もともと僧院だった。伽藍の周囲には層達の住まいの痕跡が見られる。破壊が進んでおり、微笑みをたたえていたバイヨン様式の東塔門の女神像の顔を植物の蔓が幾重にも締め付けていて、あたかも苦痛の悲鳴を上げているようにも見える。石組みが徐ヶずれて、均整の崩れしまった姿もまた魅力的であるが、このまま放置すればその微笑や悲痛な叫びを上げた姿さえ、この世から消滅してしますことになる。

 

 

ニャック・ポアン(Neak Pean)(「絡み合うヘビは、カンボジアアンコール地域において、12世紀の後半、王ジャヤーヴァルマン7の統治時代に築かれたプリヤ・カーンバライにある丸い島に仏教寺院を備えた人工の島。プリヤ・カーン・バライ(碑文の「ジャヤタターカ」 "Jayatataka" )の「メボン」"Mebon" であるある歴史学者らは、ニャック・ポアンは、その水域が万病を治すとされるヒマラヤ山脈の架空の湖、アナヴァタプタ(Anavatapta, 阿那婆達多)を表すものと捉えている。ニャック・ポアンは、もともとは医療の目的のために設計され、ジャヤーヴァルマン7世が建てた多くの病院のうちの1つであった。それは均衡においての古代ヒンドゥー信仰に基づいている。4つの結合する池は、水、土、火、風を象徴する。古代人は、これらの池に入ることで、沐浴する者の自然要素の平衡を保ち、それによって病気を治すと信じていた。4つの癒しの池の真中が、中心の水源である。バラーハ (Balaha, 観音菩薩が馬に変身したもの)の彫像が、溺死防止の象徴としてある

 

 

プリヤ・カーン (Preah Khan)は、カンボジアにあるアンコール遺跡の一つで、仏教ヒンドゥー教の習合寺院である。名は「聖なる剣」を意味し、かつて境内で発見された剣に由来する。アンコール・トムの北東に位置する。この地はかつてヤショーヴァルマン2の王宮が建てられており、寺院を建立したジャヤーヴァルマン7は、王宮を支配していたチャンパ王国ジャヤ・インドラヴァルマン4をここで戦って討ち、その跡に自らの父を模して彫らせた観世音菩薩像を1191に安置した。かつて寺院には千人以上の僧侶が住み、それを支える荘園が与えられ、そこには97,840人が暮らしていたという。ヒンドゥー教の神々や土地の聖霊らも境内に祀られていたが、後にヒンドゥー教を信じるジャヤーヴァルマン8により仏像は破壊された。

 

 

月日

時間

都市名

内容交

 
 

 

9:00

 

ロビー集合

プレー ループ出発

 

 

10:30

 

クバール スピアン

 

 

13:30

 

東メーボン

 

 

14:30

 

ター ソム

 

 

15:30

 

ニャク プアン

 

 

16:00

 

プリア カーン

 

 

17:30

 

ホテルに帰る。

 

What's New

自己紹介

 

 

▼リラリゾな日々