2014年9月19日~10月4日17回アジア大会猫ひろし

カンボジア代表*猫ひろし2014アジア大会出場決定のご報告
 (Asian Games/10
3マラソン)

貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
猫ひろしは2014年アジア競技大会(英語略称:Asian Games開催地:韓国・仁川)に出場することとなりましたことをご報告いたします。カンボジア代表としては3回目の国際大会出場となります。
本大会は、日本も含め45か国が参加するアジア最大のスポーツ祭典です。カンボジアからは代表選手27名、陸上競技はマラソン2(猫ひろし、ヘム・ブンティン)が出場し、カンボジアNo,1を目指しての直接対決となります。
また、2014615()に開催されました「第4回プノンペン国際ハーフマラソン」にて2位入賞となりましたことを合わせてご報告させていただきます。

<カンボジアオリンピック委員会公式レター添付>
 カンボジアオリンピック委員会は2014919日~104日に行われる17回インチョンアジア大会へタキザキ
クニアキを正式に選手としてIAGOCに登録を申請致しました。
 彼は先日行われた大会(プノンペン国際ハーフマラソン)でも2位に入る好成績も残しており、ハードなトレーニングにも耐え、今大会に出場するマラソン選手として適していると我々は思っています。

2014.Phnom pene International half marathon
日時:Sunday, June 15, 2014/
Start
6:00 AM 21 half marathon / 6:10 AM 10km / 6:20 AM 3km (FUN run)
種目:21km / (16歳以上)/ 10km/(13歳以上)/3kmファン・ラン/(制限なし)
2014
年参加数:4250人
2014
年参加国:22カ国(カンボジア3930人、外国人320人)
21ハーフマラソン記録>
No.1
 MEM Bunteng 1:13:22
No.1
 NEKO Hiroshi 1:14:50
No.1
 MA Viro    1:16:08
本人コメント:
「この本番までの三ヶ月間しっかり練習して本番当日は、最高の走りを見せるぞ。そのために練習頑張ろう」

大会情報

猫ひろし 197788日生まれ。36才。2008年よりフルマラソンに挑戦し芸能人最速記録を樹立
主な記録>
2010年
12
月 アンコールワットハーフマラソン 1時間16分00秒
2011年
6月 プノンペン国際ハーフマラソン  1時間16分54秒
2012年
11
月 東南アジア競技大会(カンボジア代表)    2時間37分39秒
2月 別府大分毎日マラソン大会           2時間30分26秒(当期カンボジアベスト記録・フル自己ベスト)
2013年
2月 東京マラソン                 2時間30分45秒
9月 東南アジア競技大会・カンボジア国内予選  2時間36分39秒(カンボジア1位)
12
月 東南アジア競技大会(カンボジア代表)    2時間32分54秒(東南アジア11カ国4位)
2014年
1月 谷川真理ハーフマラソン               1時間11分24秒(ハーフ自己ベスト)
6月 プノンペン国際ハーフマラソン        1時間14分50秒
猫ひろしFaceBookhttps://facebook.com/hiroshi.neko

What's New

このたび新設しましたCafe&Restaurant & Bar が2013~オープン。クメールメニューやドリンクメニューのほか、日本食もあります。屋根はかやぶき、白い門構えで、まるで小さな家のような雰囲気です。

 

アンコール朝焼け(朝日鑑賞)

有名な世界遺産(アンコール遺跡群)

自己紹介

最近、「ゲストハウスに泊ってみたい」と言う旅行者が多い。これまでゲストハウスと言えば、値段は安いが部屋は狭く汚く、サービスも悪く、またセキュリ ティも低いというのが一般的なイメージだった。しかし最近では、「他の宿泊者とも仲良くなれる」、「アットホームな感覚」、「従業員もフレンドリー」と いったゲストハウスならではの雰囲気を好んで、ホテルではなくあえてゲストハウスを選ぶという旅行者も増えてきている。このようなゲストハウスの良い部 分、魅力を持ちながら、部屋の設備、清潔さ、安全面、サービスといった部分ではホテルにも引けを取らない理想的なゲストハウスがシェムリアップにある。そ れが「リラックス&リゾート・アンコール・ゲストハウス」だ。ここに泊ったことのある人の多くが、「いつかまたここに戻ってきたい」と言う。スタッフは 皆、気さくで親切。部屋は清潔で設備の面でも申し分ない。朝食と夕食も部屋代に含まれている。他にもカンボジア最速クラスの高速インターネットを備え、宿 泊者は無料で利用できるなど信じられないほどの充実したサービスを実現している。安全面では夜間には警備員を配置し徹底したセキュリティを実施するなど完 全に一クラス上のクオリテイ。それでいて宿泊料はシングル9US$、ツイン14US$という低価格設定。著名な芸能人、映画監督、業界人など、旅を充分に知り尽くした人達も訪れてきており、「ゲストハウス」の雰囲気を愛する人達が安心してくつろげる隠れ家として既に一部で注目されている。

 

▼リラリゾな日々