R&RアンコールG.H.では、ご宿泊のお客様に以下のような無料サービスを提供させていただいております。

空港送迎サービス(無料)

空港~ゲストハウス間の送迎を無料で承っております。(※お迎えのみ無料、当GHのツアーご利用のお客様はお送りも無料)送迎にはバイクタクシー(お1人様の場合)またはトゥクトゥク(最大定員3名)を使用いたします。多人数のグループ、お荷物の多い方は別途ご相談下さい。尚、無料送迎サービスをご希望される場合、必ず到着便名、到着時間を事前にお知らせ下さい。

※「空港送迎時のトラブルについて」の項目も併せてお読み下さい。

両替サービス(無料)

 

 

R&RアンコールG.H.では、日本円→米ドルの両替を承っております。市中の両替商に準拠したレート、手数料等となっておりますので、ホテルなどで両替する場合に比べてはるかに有利です。また、紛失・盗難などの予期せぬトラブルで急に現金が必要となった場合、クレジットカードによるエマージェンシー・キャッシングも行っております。 ※ 現金の両替のみ手数料無料。トラベラーズチェックの現金化は2%、クレジットカードによるエマージェンシー・キャッシングは5%の手数料を申し受けます。

朝食サービス(無料)


R&RアンコールG..は朝食付きです。朝食の時間は午前7時~午前9時まで。前庭のハンモックカフェにてサービスいたしております。コーヒーまたは紅茶付き。メインのメニューはパン(バゲット)とオムレツ、サンドウィッチ、クメール焼きそば、スープヌードル(野菜と肉入りラーメン)などを日替わりでお出ししております。特にスープヌードルはお泊まりいただいたお客様から好評をいただいております。

インターネット接続(無料)

R&RアンコールG..はフロントにインターネットカフェを併設しております。当ゲストハウスのインターネット接続はカンボジア最速クラスのブロードバンドでサクサクと快適にアクセス可能です。ワイヤレス・ネットワーク対応のノートブックをお持ちの方は、お部屋からアクセス可能です。(HotSpot IEEE802.11b)シェムリアップでは最高クラスのインターネット環境です。

インターネット接続の詳細についてはこちらをご覧ください。

ランドリーサービス(無料)

お洗濯無料で承っております。基本的に翌日のお渡しとなります。乾きにくい衣服については、時間に余裕を持ってお出し頂きますようお願いいたします。ドライクリーニングではなく、通常の洗濯機による洗濯ですので、色落ちのおそれのあるもの、洗濯機に適さないものはお受けできません。洗濯の結果、色落ちや縮みなどが発生した場合の保障はいたしかねます。




ミネラルウォーター(無料)


フロントにミネラルウォーター・サーバーを設置しております。ご自由にお使い下さい。各室に容器も用意しております。備え付けの容器、また水筒や空のペットボトルなどに詰めて、お部屋の冷蔵庫で冷やしてご利用いただけば、ご滞在中飲料用水をご購入される必要はございません。市販の飲料用水を更に濾過して、麦飯石などでミネラル分を補ったおいしいお水です。


街までちょい乗り(無料)

ダウンタウン(オールド・マーケット近辺)までお出かけになりたい場合、当ゲストハウス所属のドライバーが無料でお送りいたします。(※当GHの遺跡観光ツアーご利用のお客様のみ、また1日1回までの利用)また、帰りの足が必要な場合には、時間を決めてお迎えにあがることも可能です。お気軽にお申し付け下さい。



ヘアドライヤー貸出し(無料)

ヘアドライヤーの貸出しを行っております。1階オフィスに用意しておりますのでお訪ね下さい。但し、数に限りがございますのでご希望に添えない場合はご容赦下さい。

変圧器・変換アダプタ貸出し(無料)

カンボジアの電圧は220V。また、コンセントの形状も日本とは異なります。当ゲストハウスのコンセントはA型/C型共用タイプとなっており、基本的に日本製のA型プラグをそのまま挿すことができますが、製品によってはサイズが合わない場合もございます。当ゲストハウスでは、A型C型変換プラグと、変圧器をご用意しており、ご希望のお客様には無料で貸出ししております。但し、数に限りがございますのでご希望に添えない場合はご容赦下さい。

R&RアンコールG.H.では、以下のような有料サービスを実施しております。



お部屋でマッサージ(有料)

遺跡巡りは結構ハードで意外と長い距離を歩きますので、特に足腰に疲労が溜まりがちです。R&RアンコールG..では、ご自分のお部屋でくつろいでマッサージを受けることができます。ご希望の場合は、オフィススタッフまでお申し出下さい。遺跡巡りの疲れをお部屋でリフレッシュして下さい。

航空券リコンファーム(有料)


航空券のリコンファームも承っております。ベトナム航空、タイ航空などシェムリアップ市内にオフィスのある航空会社の場合、リコンファーム1回につき1US$。カンボジア国外に電話連絡の必要のある航空会社の場合は、国際電話の実費(約3US$程度)を申し受けております。

 

※お客様からの需要の少ないサービスについては予告なく中止・休止させていただく場合もございます。また料金につきましても予告なく改定される場合がございます。ご了承下さい。尚、詳細はご予約時にお問合せ下さい。

空港送迎サービス(無料)

ご到着時、空港ゲストハウスのお迎えを無料で承っております。また、当ゲストハウスの遺跡観光ツアーをご利用のお客様は、ご帰国の際も空港まで無料でお送りいたします。送迎にはバイクタクシー(お1人様の場合)またはトゥクトゥク(最大定員3名)を使用いたします。尚、無料送迎サービスをご希望される場合、必ず到着便名、到着時間を事前にお知らせ下さい。

空港無料送迎は、ご到着時のみ完全無料。ご帰国時は、ご宿泊中当GHの遺跡観光ツアーをご利用いただいたお客様のみ無料となります。
当GHの遺跡観光ツアーをご利用いただかなかったお客様で、ご帰国時空港までのお送りをご希望される場合は、有料にて承っております。料金につきましては、以下の表をご参照下さい。
バンコクから陸路で来られるお客様につきましては、シェムリアップのバス降車場に21:00までにご到着の場合は無料でお迎えに参ります。21:00以降にご到着されるお客様につきましては、4US$の送迎代金が発生いたします。
(尚、陸路での国境越えにつきましては、「安全情報」、および「よくある質問」の該当項目をお読み下さい)
プノンペンなどからボートでこられるお客様は、トンレサップ湖の降船場までの距離が長いため、20103月より(バイク$8/トゥクトゥク$10) の送迎代金を申し受けることになりました。ご了承下さい。
無料送迎は、ご予約1部屋につきバイク×1台、またはトゥクトゥク×1台となります。1部屋にご宿泊される1グループで複数台の車両が必要な場合2台目以降は有料となります。
送迎に自動車をご希望される場合は有料となります、料金につきましては以下の表をご参照下さい。
バイクの場合、雨天の際は濡れる場合がございますことを予めご了承下さい。尚、当GHのトゥクトゥクは雨除けの幌を装備しております。

有料空港送迎サービス料金表

使用車両

料 金

定員および手荷物積載量


 バイクタクシー

4 US$(片道)

定員1名
最大積載量 スーツケース×1


 トゥクトゥク


6 US$
(片道)

定員3名
最大積載量 スーツケース×2個程度


 自動車(普通車)


10 US$
(片道)

定員4名
最大積載量 スーツケース×4個程度


 自動車(ミニバン)


14 US$
(片道)

定員8名
最大積載量 スーツケース×8個程度

注意! 空港・ボート降船場・バス降車場での送迎トラブルについて

近年、シェムリアップでは、空港・ボート降船場・バス降車場での送迎時のトラブルが多発しております。具体的には一部の悪徳ドライバーが、お客様が予め送迎を頼んでおいたホテルや旅行会社のスタッフを装いお客様をピックアップし、まったく別のホテルに連れて行き、そのホテルからマージンを受け取るというものです。当然連れて行かれたホテルは自分が本来予約していたホテルとは異なる名称ですから不審に思いドライバーに問い質しても「元々予約していたホテルは本日手違いで満室である」とか「予約していたホテルの別館だ」、「同一グループの姉妹ホテルだ」などと言葉巧みに信じ込ませてチェックインさせてしまいます。このような場合、本来予約していたホテルはノーショウ(連絡無しの当日突然のキャンセル)扱いとなり、キャンセル料を請求されることになりますので二重払いとなってしまいます。また、本来予約していたホテルが宿泊予定者の連絡無しの未着を心配し、ツーリスト・ポリスに届けたりしてさらに面倒な事態になってしまう場合もあります。このようなトラブルを回避するためには、自分が送迎を頼んだ旅行会社やホテルの名前をしっかりと覚えておき、ピックアップに来た者が自分の名前と旅行会社名やホテル名がきちんと記載されたボードを持っているかどうかを確認することが大切です。また、自分が予約していたホテルと異なる所に連れて行かれた場合は安易にチェックインせず、手配を頼んでいた旅行会社や予約していたホテルに電話をかけて確かめることが必要です。


ご出発前に一度安全情報に目を通しておかれることをお勧めいたします。

What's New

このたび新設しましたCafe&Restaurant & Bar が2013~オープン。クメールメニューやドリンクメニューのほか、日本食もあります。屋根はかやぶき、白い門構えで、まるで小さな家のような雰囲気です。

 

アンコール朝焼け(朝日鑑賞)

有名な世界遺産(アンコール遺跡群)

自己紹介

最近、「ゲストハウスに泊ってみたい」と言う旅行者が多い。これまでゲストハウスと言えば、値段は安いが部屋は狭く汚く、サービスも悪く、またセキュリ ティも低いというのが一般的なイメージだった。しかし最近では、「他の宿泊者とも仲良くなれる」、「アットホームな感覚」、「従業員もフレンドリー」と いったゲストハウスならではの雰囲気を好んで、ホテルではなくあえてゲストハウスを選ぶという旅行者も増えてきている。このようなゲストハウスの良い部 分、魅力を持ちながら、部屋の設備、清潔さ、安全面、サービスといった部分ではホテルにも引けを取らない理想的なゲストハウスがシェムリアップにある。そ れが「リラックス&リゾート・アンコール・ゲストハウス」だ。ここに泊ったことのある人の多くが、「いつかまたここに戻ってきたい」と言う。スタッフは 皆、気さくで親切。部屋は清潔で設備の面でも申し分ない。朝食と夕食も部屋代に含まれている。他にもカンボジア最速クラスの高速インターネットを備え、宿 泊者は無料で利用できるなど信じられないほどの充実したサービスを実現している。安全面では夜間には警備員を配置し徹底したセキュリティを実施するなど完 全に一クラス上のクオリテイ。それでいて宿泊料はシングル9US$、ツイン14US$という低価格設定。著名な芸能人、映画監督、業界人など、旅を充分に知り尽くした人達も訪れてきており、「ゲストハウス」の雰囲気を愛する人達が安心してくつろげる隠れ家として既に一部で注目されている。

 

▼リラリゾな日々