hituji_san

“サービス抜群の日本語OKのゲストハウス”

日本人が経営する日本語OKの綺麗なゲストハウス。
現地人のスタッフは日本語が話せ、常駐しているバイクタクシーのドライバーも簡単な日本語ならば通じるため、ゲストハウス内は日本語で意思疎通が可能。宿泊者もほぼ100%が日本人。

場所は国道6号沿いでプサー・ルー(マーケット)の近く。
オールドマーケットからは少し離れているが、ゲストハウスから無料で乗せていってもらえるし、帰りはトゥクトゥクかバイクタクシーを拾っても1ドル程度。
ゲストハウスで観光ツアーも主催しているため、トゥクトゥクやバイク等でアンコール遺跡群を回ることが出来る。

部屋は広くて綺麗で、ホットシャワー、エアコンなども問題なし。
フロント前に無料で使えるPCが設置され、客室内は無線LANが使用可能。
また、朝食だけでなく夕食も宿泊代に含まれ、家庭的な食事を頂ける。
朝に洗濯物を出しておくと、洗濯して干してくれるサービスも嬉しかった。

少々中心部から離れるが、部屋は広いし、居心地良し♪空港までの迎えあり。

中心部から(オールドマーケット等)からは、少し離れるが、
頑張れば歩いていけない距離ではない。
料金の割りに、部屋は広くて快適。
ロビーでは、WIFIが不自由なく使える。
エアコンも付いていて、ガンガンに効いている。
バックパッカーなどの一人旅には向いていると思う♪

僕は、とても快適に過ごせました。

shyboyさん
http://4travel.jp/os_hotel_tips_each-10817184.html#contents_inner

また帰ってきました。

ずっとなじみのスタッフとの交流が楽しいです。言葉の心配もほとんどないので、安心して滞在できます。宿泊費も安いし・・・ 
最近レストランなど改装しましたが、できれば部屋のシャワーを改善してほしいです。乾季は寒いよぉ~

ALOHA HANAさん
http://4travel.jp/os_hotel_tips_each-10972558.html#contents_inner

日本人宿

日本人宿です。 宿泊客は普通の旅行者なので、すぐ知り合いになることができます。 
プサールマーケットまで徒歩5分なので、マーケットの前の屋台でおいしいご飯を食べることが出来ます。 
果物マーケット、カンボジアマッサージ、スーパーマーケットも徒歩圏ですのでわざわざオールドマーケットの観光客向けのお店に行かなくても良いと思います。 
各種ツアー、宿泊代もJCB、VISA、Mastarで支払いが出来るのも便利です。
スタッフや出入りの運転手も気立てのよい人たちです。

vinho verdeさん
http://4travel.jp/os_hotel_tips_each-10983105.html#contents_inner

安くて良い!

洗濯もしてくれて、朝ご飯も軽食が付きます。宿泊者はほぼ日本人のようです。靴を玄関?に脱ぐスタイルが新しく、面白かったです。
観光するにはトゥクトゥクのツアーもあり、便利でした。
アンコールワット、ベンメリア共にホテルのトゥクトゥクで行きました。
シャワースペースは狭いけど、安いので問題ないです。

Aya24さん
http://4travel.jp/os_hotel_tips_each-10960774.html#contents_inner

What's New

このたび新設しましたCafe&Restaurant & Bar が2013~オープン。クメールメニューやドリンクメニューのほか、日本食もあります。屋根はかやぶき、白い門構えで、まるで小さな家のような雰囲気です。

 

アンコール朝焼け(朝日鑑賞)

有名な世界遺産(アンコール遺跡群)

自己紹介

最近、「ゲストハウスに泊ってみたい」と言う旅行者が多い。これまでゲストハウスと言えば、値段は安いが部屋は狭く汚く、サービスも悪く、またセキュリ ティも低いというのが一般的なイメージだった。しかし最近では、「他の宿泊者とも仲良くなれる」、「アットホームな感覚」、「従業員もフレンドリー」と いったゲストハウスならではの雰囲気を好んで、ホテルではなくあえてゲストハウスを選ぶという旅行者も増えてきている。このようなゲストハウスの良い部 分、魅力を持ちながら、部屋の設備、清潔さ、安全面、サービスといった部分ではホテルにも引けを取らない理想的なゲストハウスがシェムリアップにある。そ れが「リラックス&リゾート・アンコール・ゲストハウス」だ。ここに泊ったことのある人の多くが、「いつかまたここに戻ってきたい」と言う。スタッフは 皆、気さくで親切。部屋は清潔で設備の面でも申し分ない。朝食と夕食も部屋代に含まれている。他にもカンボジア最速クラスの高速インターネットを備え、宿 泊者は無料で利用できるなど信じられないほどの充実したサービスを実現している。安全面では夜間には警備員を配置し徹底したセキュリティを実施するなど完 全に一クラス上のクオリテイ。それでいて宿泊料はシングル9US$、ツイン14US$という低価格設定。著名な芸能人、映画監督、業界人など、旅を充分に知り尽くした人達も訪れてきており、「ゲストハウス」の雰囲気を愛する人達が安心してくつろげる隠れ家として既に一部で注目されている。

 

▼リラリゾな日々